細田守監督アニメ映画作品おすすめランキング。一番感動したのは、おおかみこどもの雨と雪です

全体的なこと

細田守監督にアニメ映画作品は今のところ(2021年5月)5作品(デジモン除く)

その5作品全部見た僕の細田作品おすすめランキング紹介します!

  • 細田守作品面白いの観たいけど、どれから観たらいいのか迷う
  • まだ観てない細田作品どれだったかな?

という人は参考にしてください。

【5位】未来のミライ

細田作品の中では異色の挑戦的な映画。

つまらないという口コミが多くなるのも仕方がないのかな〜と思ってしまう映画でした

僕も個人的には面白くないとなってしまいましたね。

つまらないという口コミが多くなった原因は、

観る前に予想してたストーリーと、まったく違った

という理由が大きいと思います。

ただ考察しがいのある映画なんですね。

一度観て「これは、ひどい」と思ってしまった人でも、いろんな考察記事読んでから、もう一回観ていただくと何かしら発見があったりして楽しめるかも。

【4位】時をかける少女

タイムリープからめた恋が切ない物語。

それなりに面白かったかな〜って思います。

タイムリープって同じ時を繰り返すという現象。

なので、時間軸について考え始めると、ど〜してもややこしくなって混乱してしまいますよね。

一度見た時混乱してしまったという人は、もう時系列は考えないようにして、主人公真琴の恋をそのまんま楽しんだほうがいいと思います。

この青春の甘酸っぱい感じを、もう一度体験したくて何度も観てるという人もいるんでしょう。

【3位】バケモノの子

途中までは「バケモノの子」の世界観にどっぷりつかって夢中になって見ることができてました。

しかし、クライマックスあたりの一郎彦の暴走についていけなくて挫折

ちゃんと最後まで観ましたが、最後だけが微妙でした。

  • 熊徹と九太の関係の変化
  • バケモノ界のユニークさ
  • 現実世界での楓との交流がどうなるのか

といったところは、すごく引き込まれてよかったですね。

鯨になにか意味が込められてたりするみたいなんですが…

もうひとつ盛り上がって欲しかったな〜なんて思ってしまったしだいです。

【2位】サマーウォーズ

細田守監督作品で一番有名な映画は、やっぱり「サマーウォーズ」ですよね。

人気作なだけあって面白かった!

この記事で紹介している細田作品のなかで、もっともエンタメしてて見やすく面白いと思います。

花札のデザインを使うとこが新鮮だったし、かっこよかったことも印象に残ってますね。

2021年の細田守監督最新作「竜とそばかすの姫」は、サマーウォーズと同じく仮想現実世界を舞台にしてます。

ですので、「竜とそばかすの姫」観る前にサマーウォーズ観て、

細田監督が描く仮想現実世界はどんなものなのか

ということを予習しとくといいかも。

それにもしかしたら「竜とそばかすの姫」でサマーウォーズのオマージュとか出てくるかもしれないですしね。

【1位】おおかみこどもの雨と雪

個人的に今のところ細田作品で、一番良かったのが「おおかみこどもの雨と雪」

サマーウォーズよりもエンタメ感は少ないです。

でも切なさや感動は1位ですね。

児童向けなのかな?

と思ってまだ観てない人は、ぜひ見てほしい。

子どもたちがどう成長していくのかが見どころになってます。

ラストの母親花が雨に伝えた言葉が、なんとも切なくて、

よくこんなすごいセリフ考えつくな

と感動しました。

まとめ おおかみこどもの雨と雪は想像以上に感動しました

ということで細田守監督作品のおすすめランキングでした。

サマーウォーズが一番面白いっていう人多いと思います。

でも、「おおかみこどもの雨と雪」は細田作品の中で、ひとつ飛び抜けた感動があると思うんですよね。

まだ見たことない作品あったら、ぜひチェックしてみてください。

全部昔見たことあるという人も、もう一度見たくなったら今は動画配信サービスで気軽に観れるので、おすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました