【アニメ時をかける少女考察】魔女おばさんは何者?正体は原作小説の主人公芳山和子

時をかける少女

細田守監督のアニメ映画「時をかける少女」見た人は、

魔女おばさんって、あの芳山和子だよね?

って思った人多いと思います。

でも公式にはハッキリと同一人物となってないっぽいんです。

でも同じ人だよね〜ってなることが多く描かれてたりするので、

魔女おばさん= 芳山和子(原作小説の主人公)説

について考察してみます!

筒井康隆の原作小説の主人公と同じ名前なので同一人物っぽい

細田守監督のアニメ映画「時をかける少女」には、

魔女おばさん

と主人公の真琴が呼ぶ芳山和子というキャラが登場します。

真琴の叔母という設定で、古い絵を修復する仕事をしているんですね。

真琴が自分がタイムリープしていることを言っても、まったく動じることなく、

真琴の年頃ならよくあること

みたいなことを言う謎めいた人。

実はこの魔女おばさんの名前芳山和子は、筒井康隆の原作小説の主人公の名前と同じなんですね。

お、ということは魔女おばさんが真琴のタイムリープを不思議がらなかったのは自分が経験していたから?

という解釈が成り立ちます。

ですが、芳山和子と名前が同じでも公式では、

筒井康隆の原作小説の芳山和子と、細田守監督作の芳山和子が同一人物

とはハッキリと言ってないとのこと。

つまり、魔女おばさんは昔タイムリープした体験がある人なのかもしれないし、偶然同じ名前なのかもしれないというわけです。

まあでも、

  • 名前同じ
  • 独身(原作小説では好きになった未来人である男性と再び会うのを待つと言ってる)
  • 真琴に「あなたは待つタイプじゃない」と言ってる

などなど、これでもかっていうぐらい原作小説の主人公と魔女おばさんが同じ人ということを示すシーンがあるので、ほぼ同じ人なんだと思ってもいいんでしょう。

細田守監督もそのつもりで、魔女おばさんという真琴の相談役みたいなキャラクターを作ったんだと思います。

真琴がタイムリープしたって言っても受け入れてるのは2つの説ありそう

魔女おばさんこと芳山和子が、なぜ真琴のタイムリープを疑問に思わなかったのか。

僕は2つの解釈があると思います。

その2つの解釈とは、

  1. 魔女おばさんにもタイムリープの経験があるから
  2. 真琴の話しに合わせただけ

です。

魔女おばさん(芳山和子)が、筒井康隆の原作小説の主人公芳山和子と同一人物なら、1つめの解釈になりますよね。

ただ公式では同一人物と明言はしてないそうなので、2つめの解釈もありえそう。

真琴はどちらかというと思慮深いタイプではないですよね😅

魔女おばさんは(また真琴があることないこと言ってるわ…まあ話し合わせとこうかな)という軽い会話のつもりだったとか。

真琴が自分をからかっているんだと思ったのかもしれません。

真琴と同じように学生時代仲良い2人の男友達がいた写真がある

真琴が「わたしタイムリープしてる」と魔女おばさんをからかっているという説ありえると書いた僕ですが、

この解釈はちょっと苦しいかな…

なんでかというと、

原作小説の芳山和子と魔女おばさんの共通点が多すぎる

からです。

  • 年齢
  • まるでまだ誰かが現れるのを待っているかのよう
  • 魔女おばさんの仕事場に、男性2人と写った学生時代の写真

などなど。

たぶんまだ原作小説の芳山和子と魔女おばさんの共通点はあるのでしょう。

決定的なのは学生時代の写真があることなのだと思います。

これだけ共通点があると、いくら公式で明言されてないとはいえ、

原作小説の芳山和子と魔女おばさんは同一人物

と言っていいんじゃないでしょうか。

まとめ:魔女おばさんは芳山和子

ということで細田守監督アニメ「時をかける少女」の魔女おばさんの正体についてでした。

魔女おばさんは、原作小説の主人公芳山和子が大人になった同一人物と考えて間違えないですね。

これだけいろいろ同一人物を匂わせながら、公式では明言しないっていうのは、想像する余地を残して観客に楽しんでほしいからなんでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました