アニメ「時をかける少女」千昭は何年後の未来人なのか。たぶん数百年後。絵を見に来た理由は?

時をかける少女

細田守監督作のアニメ「時をかける少女」の登場人物である未来人、間宮千昭。

  • いったい千昭は何年後の未来から来たのか
  • なぜ絵を見に過去に来たのか

といったところを考察していきます!

千昭が帰った未来は、数百年後ではないだろうか

千昭は自分がいた未来をこう語っています。

  • 川が地面を流れてるのを初めて見た
  • 自転車に乗ったのは初めて
  • 空がこんなにも広いなんて初めて知った
  • 人がこんなにたくさんいるのを初めて見た

これら千昭の言葉から想像するに、千昭のいた未来は数百年後下手したら、千年以上も未来なのかも。

映画のラストで千昭が真琴に「未来で待ってる」と言ったから、千昭がいた未来は何十年か後なのかな…

と想像した人いるかもしれませんが、

千昭が語る自分がいた未来の世界の様子からすると、地球規模でかつてない大きな変化でも起きなければ数十年先とは思えないんですよね。

なので、少なくとも数百年後なんでしょう。

千昭のいた未来で人類は地下に住んでる?

  • 川が地面を流れている様子を見たことがなかった
  • 空の広さを知らなかった
  • 自転車に乗ったことなない

これらの千昭の言葉からすると、

千昭のいた未来では、数少なくなった人類は地下に住むようになっているのかもしれないですね。

おそらく地上は放射能とかそういうので汚染されてしまい、地下で暮らさざるをえないようになってしまったと。

高度な科学技術はあるが希望がない世界だからこそ、千昭は絵を見たかった

千昭のいた未来は、タイムリープ技術があるほど科学は発展している

となると、地下シェルターみたいなとこで人類はかろうじて生き残っている状態なのかもしれません。

そして、ただ生きているだけで将来の希望とかそういうのがない、人類の行く末は暗いものとなっているのでしょう。

だからこそ、あの絵を千昭はタイムリープしてまで見に来たのかもしれません。なんらかの希望を見出したくて

千昭は過去の調査に派遣された何人かの1人だったのかも

それか千昭は過去の調査に派遣された1人だったみたいなSFストーリーも、面白そうですね。

タイムリープ技術を千昭1人の気まぐれで使用できるとは思えませんから。

もしかしたら原作小説の未来人深町一夫も、過去に派遣された何人かの1人と考えると面白いですね。

シエン
シエン

原作小説読んでないので、深町一夫がどういうキャラクターなのか知らないんですが…。勝手に妄想してみました。

あの絵は千昭のいる未来では人類存続のきっかけとなり伝説になっていた?

あの絵はもしかしたら千昭がいた未来の人類が絶滅しかけたときに、地下でもいいから生き残る決断をするきっかけとなった絵として伝説に残っていたのかも。

たぶん未来世界の伝承とか教科書にテキストでの説明だけが載ってる状態だったのではないでしょうか。

そうじゃないと千昭が絵を見ようという動機がなくなってしまいますから。

絵は真琴がいる時代よりも、

  • 何百年も前の大戦争と飢饉の時代
  • 世界が終わろうとしていたとき

に描かれたと魔女おばさんが説明しています。

そんな何百年も前の時代に描かれた絵は、千昭がいた未来世界を人類絶滅から救うきっかけとなった絵と認識されていたのかもしれません。

原作小説の未来人深町一夫は2660年から過去にきている

筒井康隆の小説では深町一夫という未来人が2660年から過去にやってきたとなってます。

この2660年というのがヒントになってますよね。

アニメの「時をかける少女」は、原作小説の設定をそのままスライドさせて真琴の時代に合わせてるようなところがありますから、

おそらく千昭も2660年とかっていう何百年後からやってきたということなんじゃないでしょうか。

  • 川が地面を流れてるのを初めて見た
  • 自転車に乗ったのは初めて
  • 空がこんなにも広いなんて初めて知った
  • 人がこんなにたくさんいるのを初めて見た

という千昭の言葉と、

原作小説の未来人深町一夫が2660年からきた

ということを合わせると、ほぼほぼ千昭は数百年後からやってきた未来人ということになるんだと思います。

シエン
シエン

千昭は未来で深町一夫と知り合いだったかも

千昭が絵を見に来たのは、おそらく別の任務のついでだった?

タイムリープするときに破ってはならないルールというのが設定されてましたよね。

千昭はなんとなく絵が見たいからタイムリープしてきたのではなく、

なんらかの大きな別の仕事のために未来の科学者たちから任務を授けられて派遣されてきた

と考えたほうが自然です。

厳格なルールがあるということは、組織としてタイムリープを行っていると考えられそう

厳格なルールを決めているということは、組織としてタイムリープ技術を使っているということのほうが説得力ありますし。

まあそこまでの裏設定はないのかもしれませんが。

結局千昭は、あの絵を見ることなしに未来に帰ってしまいましたしね。

ただ毎日真琴や功介とキャッチボールしていただけとは、あんまり思えない。

あと絵を見るためだけに、超科学技術であるタイムリープを使うとは、ちょっと考えにくいところもあります

あの絵は、

  • 何百年も前の大戦争と飢饉の時代
  • 世界が終わろうとしていたとき

に描かれた絵。

真琴の時代には価値が分からなかった絵は、魔女おばさんたちによってなんらかの価値が見いだされた。

数百年もの間そういう絵があったということだけが伝わり、所在についての記録が、ほとんど失われていたということなんでしょう。

未来にいたタイムリープする前の千昭は、あの絵についての歴史を教科書かなにかで学び興味をもったのかもしれません

いくつかの任務のなか、千昭はあの絵がある時代を選んだ?

滅びかけてる未来の人類は、状況を改善するために各時代にタイムリープして、

  • 歴史改変
  • それか未来の人類を救うためのヒント

を探すために、さまざまな過去へと人員を派遣していた。

いくつか任務があるなかで、千昭はあの絵の所在が確認されていた時代に行こうと考えた

という感じのストーリーがあるのかな~なんて妄想してみました。

まとめ:妄想しだしたら止まらない(笑)

ということで、

  • 千昭が来たのは何年後の未来なのか
  • なぜ千昭は絵を見に来たのか

について考察してみました。

もしアニメ「時をかける少女」に裏設定があるなら、千昭は数百年後の未来人という設定になってるんじゃないかな。

数十年後だと、千昭が話す未来の話がとても信じられないですからね。

こうして設定とか勝手にストーリー考えてると、とらまない(笑)

ってことでこのあたりで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました