おおかみこどもの雨と雪 お父さんが死んだ理由 花がゴミ収集車を止めなかったのはなぜ

おおかみこどもの雨と雪
  • 雨と雪のお父さんがオオカミの姿で死んでた理由ってなに?
  • ゴミ収集車で死骸を回収するってショック。ほんとにあんなふうにしてるの?
  • なんで花は死骸が回収されるのを止めなかったの?

という疑問が「おおかみこどもの雨と雪」見てて出てくることあるみたいです。

この3つについて考察していきます!

考察の結論書いとくと、

  • 雨と雪のお父さんはおそらく事故死
  • リアルでも動物の死骸をゴミ収集車で回収しにくることはある
  • 花は子どもが怪しまれる事態になるのを避けるため、死骸回収と止めなかった

ですね!

お父さんが死んだ理由は謎だが推測するに事故っぽい

狼の姿のまま亡くなっていたおおかみおとこ

  • 川で亡くなってた
  • 鳥と格闘したような痕跡
  • 雨が降っていた

などの映画のシーンから想像するに、

雨で視界が悪い中、川にいた鳥を捕まえようとしたオオカミの姿のお父さんは、滑ってしまったかなにかで頭を打つなどして気絶

そのまま体が冷えていき亡くなった

といったところが妥当な死因かなと思います。

おおかみおとこは、雪のように人間社会で「人間」として暮らすことを選択していたようです。

なので、オオカミの姿になり狩りをすることに慣れていなかったのではないでしょうか。

なので、雨の日に苦手な狩りをして失敗したってことなんでしょう。

ゴミ収集車で回収されるのを、花はなぜとめなかったのか

  • なんで花はおおかみおとこがゴミ収集車に放りこまれるのを見るだけだったの?
  • 「私のペットです。」とか伝えて、せめて遺体を引き取ることもできたのでは?

と疑問に感じた人もいるみたい。

たしかに、ペットと言えば回収とならず引き取るということもできたかも。

おおかみおとこの遺体を回収していた自治体の職員?たちは、犬だと思っていたのかもしれませんしね。

ではなぜ花は「私のペットです」など言って遺体が回収されるのを止めなかったのか。

  • ショックのあまり遺体が回収されるのを見ていることしかできなかった
  • 「私のペットです」と言うことで、子どもたちに疑いの目が向けられるのを避けたかった

この2通りが考えられるかな。

考察していきます。

ショックのあまり遺体が回収されるのを見ていることしかできなかった

これは文字通り、花がおおかみおとこの彼がゴミ収集車で回収されていくのを見て、ショックで呆然としてしまってなにもできなかったというパターン。

「私のペットです」と言うことで、子どもたちに疑いの目が向けられるのを避けたかった

リアルでの話ですが、飼い犬が亡くなったら届け出をしないといけないらしいです。

飼い犬が死亡したら、すみやかに届け出てください。狂犬病予防法に基づき、死亡届の提出が必要です。

大阪市ホームページより引用

おおかみおとこのオオカミの姿の遺体を回収中のとこに花が行って「私のペットなんです」と言ったら、

「あ、では届け出お願いします」

みたいな話になり、ややこしくなるのを花が恐れたという可能性もありそう。

花が届け出のことを知らなくても、回収中のところに行ってなにか言って、ややこしくなるのを避けないといけないと考えたのではないでしょうか。

オオカミだと判明すると、大騒ぎになってしまう

もし回収したのがオオカミだと分かってしまうと、おそらくニュースにされる可能性高そうですしね。

なぜかというと、

  • 日本ではオオカミは絶滅してる
  • ペットとしての輸入はできない

といったことがあり、オオカミをペットとして飼うのは、ほぼほぼ無理なのが現状なので珍しいからですね。

  • 輸入したのではなく
  • ペットではない(研究用とか?)オオカミが逃げ出した

とかでなければ、

日本では絶滅したはずのオオカミが、まだいた!

ってことになりニュースになりそうですしね。

そうなると、回収中に声をかけてきた花への追及が始まり、子どもたちのことが発覚して大騒動なんてことになったら大変です

おおかみおとこのオオカミの姿の遺体が回収されていくのを見た花は、そういうことが一気に思い浮かんで、見ていることしかできなかったのかも。

リアルでも動物の死骸をゴミ収集車で回収してる

ゴミ収集車ってとこに僕はびっくりしたんですが、どうやら動物の死骸は、

市が収集に伺う場合は、一般のごみ収集車(パッカー車)でお伺いしますが、ごみ等とは区別して収集し、環境衛生センターの動物焼却炉にて焼却します。

大阪府茨木市ホームページより引用

というように、自治体によっては本当にゴミ収集車で回収しにくるみたいです。

まとめ:細田監督は、細かい裏設定っていうのはあんまり作らないのかも

ということで、雨と雪のパパであるおおかみおとこの死因についてなどの考察でした。

公式でも父親が死んだ原因って明らかにしてないらしいですね。

裏設定みたいなのがないと、お父さんがなくなった現場のシーンをどうするか決めにくいと思うんですが、

そこまで厳密には、おおかみおとこの死因は決めずに観客の想像にまかせるという方針だったのかも。

細田守監督作品の映画、全部見てきましたが、

細かい裏設定みたいなのは、あんまりはっきりとは決めないようにする

という方針なのかなという印象を受けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました