おおかみこどもの雨と雪「まだ何もしてあげてない」のセリフ考察。花の深い愛に感動!

おおかみこどもの雨と雪

「おおかみこどもの雨と雪」すばらしく親の子への愛がこめられた映画でした。

いろいろと感動ポイントがあるけれど、やっぱり花のラストのセリフ、

「わたしまだあなたになにもしてあげてないのに…」

が、一番心に響いてくるシーンだった。

もうこの花のセリフ聞いたときは、胸の奥底からなんてすごいセリフなんだと心動かされましたね

そんなラストの花のセリフについて考察していきます!

ラストの花のセリフ「私まだあなたに何もしてあげてない。」が切なすぎる

映画ラストあたりで雨が山へと歩いて行くときに、花が

「行ってしまうの?わたしまだあなたになにもしてあげてないのに…」

で、もう涙があふれてきました。

このシーンで、なんでこんなに切なくて感動するのかというと、あれだけ雨と雪のために懸命に生きてきた花が、

「なにもしてあげてない」

心の底から言っていることが感じ取れるから

花が深く深く大切に雨や雪を想っているからこそ、「なにもしてあげてない」という言葉が花から出てきたと思うんでんすよね。

花は雨と雪のために都会から田舎に移住したりなどの大変さを、

してあげてる

のではなく

当然のことなんだ

と考えていたからこそ「なにもしてあげていない」という言葉が出てきたのでしょう。

愛している人とともに授かった子どもたち。

花はそんな雨と雪2人の子どもたちを育てるためにつくすことに、なんの疑問も抱かなかった。

オオカミに変身できるという特殊な子どもというのもあって、花は自分が2人を育てるんだと深く決心していたのだと思います。

細田監督が考えたセリフだと思うんですが、こんなにも感動できるセリフを考え出すなんてすごいですよね

花が理想的な母親すぎるという意見もあったみたい

現実の世の中には様々な親がいます。

この世の中の親が全員花のような親かというと違いますよね。

なので、

花があまりに理想的な母親すぎる

という意見もあったみたいです。

たしかに、映画であったようなものすごく献身的な花の子育ては、一つの理想像なんでしょう。

しかし、よほどの毒親でもない限り、普通の親は少なくとも花のような子どもを想う心は持ってるんだと思います。

だからこそ多くの人が「おおかみこどもの雨と雪」を見て感動したのかな。

まとめ:「私まだあなたに何もしてあげてない。」は花の深い愛あるセリフ

ということで、ラストあたりの花のセリフ「私まだあなたに何もしてあげてない。」についてでした。

このセリフ聞いたときは、もうたまらなくなるほどの切なさを感じました

花はこのセリフの言う前から、雨と雪のためにたくさんのことをしていたのに、それなのにこのセリフですからね。

母親である花の子どもたちへの愛情が、とてもとても深いことが分かるセリフでした!

「おおかみこどもの雨と雪」の最後のシーンについて、こちらのページでも考察してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました